NOW LOADING

施設のご案内 障がい者支援施設 とまむ園 / サービス紹介

サービス紹介

施設入所支援とは

施設において、夜間や休日の入浴、排せつ、食事などの提供および介護、その他日常生活上の相談等を行う事業です。

生活介護とは

常時の介護を必要とする方に入浴、排せつ、食事の介護を行うとともに創作的活動や生産活動の機会の提供その他の便宜を適切、効果的に行う事業です。

短期入所とは

家庭において介護を行う方の都合、その他の理由により、障がい者支援施設等へ短期間入所し、入浴、排せつ、食事などの提供および介護その他の便宜を受ける事業です。

相談支援とは

利用者が障害福祉サービスその他のサービスを利用しつつ、その有する能力および適正に応じて自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、福祉に関する利用者および家族等からの相談に対して、必要な情報の提供や助言ならびに障害福祉サービスの利用等、必要な支援を行います。

利用までの流れ

  • 1.相談
    市町村および相談支援事業者に相談
  • 2.申請
    サービスが必要な場合、市町村に申請
  • 3.認定調査
    心身の状況に関する聴き取り調査
  • 4.判定
    障害程度区分の認定
  • 5.認定・通知
    支給決定が行われ、サービス利用に必要な受給者証の交付
  • 6.利用契約
    サービスを利用する事業者を選択し、契約の締結
  • 7.サービス利用
    サービスの利用開始

日々の暮らし

利用者の意思および人格を尊重し、常にその立場に立って、自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、必要な介護ならびに創作的活動その他の活動の機会を提供します。

障がい者支援施設とまむ園は、夜間の「施設入所支援」と昼間は「生活介護」のサービスを提供する事業所です。
サービスの提供にあたっては、利用者個々の「個別支援計画」を作成して、その計画に基づき、日々の生活が健康で楽しく豊かに送られるよう努めてまいります。

とまむ園は、昼夜一体型の利用形態となっておりますので、利用者一人ひとりの状況を一貫して捉えることができるため、サービスの提供に連続性をもたせることができます。

利用者の多くが高齢とともに障害程度が重くなってきているなか、特に健康の維持に努めており、主治医をはじめ、関係医療機関との連携を密にして、疾病に対する予防対策をはじめとして、入通院者の対応を行い健康で楽しく豊かな日々が送られるよう、専門的知識と技術の向上を図っております。

日中支援の一環として創作活動への取り組みは、利用者の趣味や経験を生かしながら、手芸品等の作成や牛乳パックを再利用した紙製品作りの工程に参加していただき、作品は貼り絵にして展示したり物産展で販売していただいています。

更に健康管理を中心として、地域交流ホーム(ふらっと)体育館内での運動、レクリエーション、行事等を日課の中に組み入れています。

主な行事

4月 開園記念日・春季一時帰省 5月 日帰り外出
6月 昼食バイキング 7月 日帰り外出
8月 とまむ園祭り・夏季一時帰省・ 9月 三者旅行
10月 ふれあい祭り見学 11月 交流レクリエーション
12月 クリスマス会・年越し会・冬季一時帰省 1月 新年会
2月 釣り外出・しばれフェスティバル見学 3月 ひな祭り・昼食バイキング
随時 誕生会・利用者自治会行事・町内外出

施設・サービス一覧

ページの先頭へ